山内勇樹のおうちホームステイの勉強法が人気

山内勇樹さんの教材等が優れているのは、山内さんがとにかく英語という言語を知り尽くしているからということに尽きると思います。加えて山内さんは脳神経科学を学ばれた方ですから、教材は脳の学習特性が考慮されたものにもなっていますしね。
では山内勇樹さんが知り尽くしている英語の特性というのは一体どのようなものなのでしょうか?

山内勇樹の英語はなぜ人気なのか?

 

これはあらゆる英会話の先生がおっしゃっていることですが、普通に日常会話をしたいだけなら、中学生の時に習うレベル単語さえマスターすれば全く問題ありません。例えば普通の欧米の成人男女のボキャブラリーは大体2万語ぐらいから3万語ぐらいの間と言われています。しかし欧米の人であってもその中で普段よく使う単語はせいぜい2000単語ぐらいなんですね。つまり下手に特殊な英単語を覚えるよりも、この2000単語を完璧に覚えた方が、英会話をマスター出来るようになるというわけなんです。

ですので当然、山内勇樹さんも教材の中や本の中で繰り返し、基本的な単語の習得の重要性を訴えてらっしゃいます。その点に関しては、多くの英会話本と山内勇樹さんの本も特別な違いはないと考えて良いでしょう。

 

山内勇樹の英会話学習法の他とは違う点

 

それは彼の英語学習方法に彼の学んだ脳神経科学のノウハウが活かされているという点にあります。

 

人間の脳は元々そんなに長い学習時間に耐えられるように出来ていません。勉強しても集中力が続かないという声をよく耳にしますが、そもそも人間の脳はどんなに頑張ったところで20分程度の集中力の維持が限界なんですね。つまり20分を超える詰め込み学習は脳神経科学的にはとても非効率的ということになるんです。

 

しかも人間の脳は忘れるという機能を持っています。人間の脳はよほど強烈な出来事でない限り、一度覚えても忘れてしまうものなのです。ですのでとにかく集中的に且つ時間をおいて反復しながら学習することが重要になるわけです。

 

更に言うと人間の脳はある状況に置かれた時にある決まった反射的行動をとるような特性もあります。ある状況になった途端、知らず知らずのうちに且つ、無意識に行動してしまったというヤツがそれにあたります。

 

山内勇樹の英語学習メソッド

 

もうお分かり頂けたかと思いますが、山内勇樹の英語学習メソッドはこれらの脳の特性がとても上手く活かされているんです。

 

山内さんの言葉を借りるとシチュエーションを制限するという言い方になりますが、つまりはシチュエーション別の英会話パターンを体に覚えさせていくという方法が採用されているわけです。

 

また先ほど説明した脳の特性を踏まえてレッスン時間は1回20分程度。時間をおいて何回も繰り返し反復することで、脳にそのシチュエーションと英会話パターンを刷り込んでいきます。

 

とこのように山内勇樹さんの英語学習方法はちょっと特殊なスタイルではあるのですが、受講している生徒さんには概ね好評のようです。以下で口コミをいくつかピックアップしておきます。

 

そもそも英語嫌いの私は今まで英単語信仰に取り憑かれていたのかもしれません。特に私たちの世代はそうだと思うのですが、某国立大学に合格したかったら英単語を最低4000語は覚えないとダメだと刷り込まれてきましたからね。でもそれはあくまで当時の受験英語の話であって実際の英会話とは全く関係ないんですよね。やっぱり山内勇樹さんの教材や本、メルマガに触れて、自分がいかに単語ばかりを覚えようとしてきたかを痛感しました。これではいくら単語を覚えても全く英会話が上達しないはずです。山内さんの教材で学ぶようになってから変わったのはそこが一番大きいです。自分はビジネスシーンで英語を使うことは想定していないので、ホテルでのやり取り、お店でのやり取りなどと日常でのシチュエーションで反復学習することから試しに始めてみました。最初はあまり効果を実感できなかったのですが、3週間を越えたあたりから驚くほどすんなりと単語がスラスラ出てくるようになったのに自分でもビックリ。単語自体はもう十分に頭に入っていたので、あとはそれをどう適切に引き出すかということで、つまずいていたんだなぁ。とにかく山内先生には感謝の言葉しかないですね。

 

私は元々出不精で、カルチャースクール系とかも出来れば行きたくない派なんです。だから英会話スクールとかもわざわざ毎回ばっちりメイクして行かなくちゃならないとなると気が進まなくて、これまでずっと避けていました。でも英語自体は話せるようになりたいので何か良い教材はないかと探していたところ、この山内勇樹さんの教材に巡り合ったんです。何が良いって自宅で毎日30分間だけ授業を受ければいいというのが私には最適。お仕事をされている方だと30分を捻出するのも一苦労なのでしょうけど、主婦ならそれも可能ですからね。2ヶ月後にはある程度スラスラと喋れるようになっていましたから確かに良く出来た教材なんだと思いますね。

 
山内勇樹のおうちホームステイが今なら無料メルマガで体験できる!
 

山内勇樹の英語勉強法をさらに詳しく

 

あの英会話教育界の新星、山内勇樹さんと言えば、新しい英会話勉強法のメソッドを次々と生み出した人として有名ですよね?

 

では山内勇樹さんの英会話勉強法は何がそんなに斬新だったのでしょう。まず通常、英会話を勉強するというとみなさんはどんな方法が真っ先に頭に浮かびますか?そう、ほとんどの方が英会話スクールに通うという方法をまず頭に思い浮かべると思います。

 

普通の英会話スクールよりもおうちホームステイ

 

もちろん本当にしっかりと通えば英会話スクールに通うのも悪くない選択です。元々英語には自信があり、英語アレルギーもないという方ならそれでも大丈夫だと思います。でも残念ですが、これだけ多くの日本人が英会話習得に苦しんでいることからも分かる通り、多くの日本人は英語という言語にアレルギーを持っています。大抵の人が中学と高校で6年間も英語を学んでいるのに?いや6年間も受験英語を学んでしまうからむしろ、逆に英語に対してアレルギーを持ってしまうんです。

 

そんな英語アレルギー持ちの多くの日本人が週1ぐらいで英会話スクールに通ったところで、すぐには英語を話せるようになるわけがありません。では、なぜ多くの日本人は英語を話すことを諦めなくてはならないのでしょうか?

 

そんな状況に新たな光明をさしてくれたのが山内勇樹さんのおうちホームステイという画期的な英会話メソッドなのです。

 

一昔前まではゲームというとなんだかんだで男の子の趣味という感じでした。でもここ15年くらいでゲームが趣味という女の子が飛躍的に増加し、ゲーマー比率もほぼ男女同じぐらいというところまできましたよね。つまり今の30代以下の世代は何らかの形でゲーム感覚が体に組み込まれている世代なんです。

 

ゲーム感覚で英会話

 

ここに注目した山内勇樹さんは本当に賢い人です。とにかく単語数を覚えないといけない、まず最初に文法をパーフェクトにマスターすることが英会話を習得する最短ルート、といった辛い苦しい的な英語学習方法ではなく、何かある種のミッション=ミニゲームのようなものを設定して、それを一つ一つクリアすることでレベルを上げていく。そんなまさにゲームのような勉強方法が採用されているのがおうちホームステイなのです。

 

あともう一つゲームの良いところと言えば、ある種の単純化が上げられると思います。単純化というとなんだか悪い表現にとる方もいらっしゃるかもしれませんが、物事を整理して記憶するには単純化は絶対に欠かすことが出来ないスキルです。この単純化のスキルも当然、おうちホームステイに導入されています。

 

では具体的にこの2つのゲーム感覚がどのようにおうちホームステイに導入されているのか検証していきます。

 

まずおうちホームステイの最も優れている点はその会話が行われるだろうと予想される場面、場面を限定した英会話勉強法になっているということが特筆すべき点なんです。会話の勉強をすると言っても漠然と単語を音読しているだけでは効果は上がりませんし、英会話スクールでワンツーマンで指導を受けてもそれはあまり変わりません。やっぱり人はすーっと入っていけるムードというか場面を設定された方が、色々なことが知識として頭に入ってきやすいんです。しかもその場面、場面を短く何度も反復することによってより記憶に定着しやすくなる。ゲームでミニゲームを繰り返して経験値を稼ぐ的な発想がこのような形で導入されているというわけなんですね。

 

しかも絶妙なのがそのミニゲームの時間なんです。いくら継続しやすいと言ってもさすがに10分では短すぎますし、1時間では集中力が続きません。1回の講義時間が大人が集中力を持続できるベストな時間、20分から30分という時間設定になっているところもこのおうちホームステイの考え抜かれている点と言えるでしょう。

 

英語を単純化しているのがおうちホームステイ

 

次に単純化の導入ですが、おうちホームステイの場合、とにかく単語数を絞るという形で導入されています。おうちホームステイをやってみるとよく分かるのですが、拍子抜けするくらいどれもこれも自分が知っている単語しか出てこないんです。

 

単語という意味ではほぼ中学校の英語の授業で習う英単語のみで対応出来てしまいます。なので英会話教材にありがちな、レッスンの度に新たに単語を覚えなくちゃというプレッシャーも感じないんです。このおかげで音声を聞き取ること、そしてそれを発声することに集中出来るので、いわゆる会話のリズムをより体に覚えさせることが可能になっているんですね。

 

なんでもそうですが、人間は一度に2つのことを覚えるということは出来ません。新たに単語を覚えようとすれば、会話のリズムの習得がおろそかになりますし、会話のリズムを覚えようとすれば、新しい単語の習得がおろそかになります。おうちホームステイは英会話をリズムから自然にマスターするための教材なので、単語に関してはあえてシンプルすぎるくらいシンプルな単語しか使用していないというわけなんです。ですのでおうちホームステイは、本当によく考え抜かれて作られている教材と言えると思います。

 

山内勇樹のおうちホームステイが今なら無料メルマガで体験できる!

山内勇樹「オンライン英会話のおうちホームステイ」